説明

肝炎訴訟の相談

弁護士

B型肝炎訴訟に関するニュースや報道を見たり聞いたりしたことがある方も多いだろう。B型肝炎訴訟とは集団予防接種等を通して肝炎ウイルスに感染してしまった事で生じた訴訟問題のことで、実は全国的に肝炎被害が広がり知らず知らずにウイルスに感染している場合がある。大抵の場合は何らかの検査などで肝炎の疑いを知り、ウイルス感染の経緯を知ることになる。もしも集団予防接種などでウイルス感染した可能性がある事が分かれば給付金を受け取ることができ、まずは弁護士に相談する必要がある。B型肝炎訴訟に詳しい弁護士事務所は大阪に多く見つけることができ、大阪では探しやすいだろう。B型肝炎に関する相談は通常の弁護士事務所では対応できない場合がある。というのも国に対する訴訟になり、また案件自体が特殊なため特化している弁護士事務所の利用がまずは大切になってくると言えるだろう。大阪で相談依頼する時はよく考えて事務所探しをするべきといえるだろう。
実際にB型肝炎に感染していて、ウイルス感染経路が集団予防接種という可能性があると分かれば、まずは弁護士事務所に相談する必要が出てくる。相談の流れとしては初期相談を経て証拠収集という事がまず行われる。証拠収集とは書いて字のごとく本当に集団予防接種が感染の経路なのかを特定することであり、様々な手段を用いて感染を特定していくことになる。ココらへんは弁護士の専門分野であるため任せておくといいだろう。収集した情報を元に感染経路を精査し、時に医師と相談しながら十分に訴訟できるか否かが判断されることになる。実際に訴訟が出来ると判断されると受任という形になり、正式に弁護士を雇うという形を取ることになるだろう。ほとんどの弁護士事務所はここまでは無料で行なってくれる。受任して初めて着手金という形で料金が必要になり、実際に訴訟をすることになる。大阪でもこういった事務所はたくさんあるため、相談するためにお金を用意しなければいけないということはないだろう。訴訟を起こし裁判所に認められれば和解協議を行う必要がある。この協議を経てようやく給付金の支払いが決定される事になるが、和解協議は非常に難しいものであり、弁護士が行うのが一般的である。約6ヶ月の期間和解に関する手続きを得てようやく和解が成立する。成立が正式に決まったら国が給付金の支払いをする義務が生まれることになるが、これで給付金が得られるかというとそうではない。というのも義務が発生しただけであり、こちらから請求しなければ実際の支払いには至らない。請求するには請求書を提出する必要があるが、勿論弁護士が全面的にサポートしてくれるため特別心配は不用だろう。約3ヶ月後に請求書が受理され給付金が支払われると、給付金の金額に応じて弁護士利用料を支払う必要が出てくる。トータルすると約1年前後の期間がかかることになり、出来るだけ早めに相談をすることがいかに大切なのかがわかるだろう。